「小規模事業者持続化補助金」って耳にしたことございませんか?それでは「ものづくり補助金」は?実際に活用されたことのある方々も多いのではないでしょうか。これらは経済産業省・中小企業庁の補助金助成金です。実はあまり知られてないのですが、厚生労働省にもいろいろな助成金があります!! 

☑60歳以上の求職者を雇用して人手不足を解消したい!

☑事業を新設し、その地域の求職者を雇用したい!

☑定年の引き上げなどによって高齢従業員により活用してほしい!

☑人手不足解消のため未経験者の雇用を検討したい!

☑若手従業員に研修を受けさせて、知識や技能を身に着けさせたい!

☑育児休業の取得後、安心して復帰できるよう、社内の体制を整えたい!

☑契約社員を正社員として登用してキャリアアップを図りたい!

そんな時に使えるのが厚生労働省の助成金です。今回の講習会では社労士だから知っている厚生労働省の助成金について活用法や申請方法をわかりやすく解説します!!

【日 程】 平成30年7月20日(金)

【時 間】 午後2時30分~午後4時30分

【場 所】 屋久島町商工会宮之浦本所

【講 師】 エス労務管理事務所 社会保険労務士 児玉里美

【受講料】 無料

【申込方法】

下記より申込書をダウンロードいただきFAX、メールでお申込みいただくか、お電話にてお申込みください。

FAX 0997-42-0605

メール yakushima-s@kashoren.or.jp

TEL 0997-42-0159

申込書のダウンロードはこちら⇒7月20経営講習会参加申込書

日本政策金融公庫担当者に直接相談できる融資相談会 「1日公庫」を下記の日程で開催いたします。

☑借入を検討しているが条件が厳しそうだから相談していない。

☑日本政策金融公庫の担当者から見て自社がどうなのか知りたい。

☑いつから借入できるのか

☑設備資金でも借入できるのか?またどれくらい借入できるのか?

☑借入の金利はどれくらい?

様々な疑問・お悩みを融資担当者が直接お答えします。

【日程】

平成29年7月13日(木)

【時間】

午前10時~午後3時

【場所】

屋久島町商工会(本所・支所)

【相談料】

無料

【申込方法】

FAXまたはお電話、メールにてお申込みください。

FAXでお申込みの場合は下記より申込書のダウンロードをお願いします。

ダウンロードはこちらから⇒融資相談会申込書

 

夏休みを前に自社のホームページやFACEBOOK等WEB活用方法を見直してみませんか?

シクミ・シカケを理解する事で新たな顧客獲得に繋がります。講師は県内各地でWEBセミナーを開催しているNAWAGETA(株)縄田氏をお招きして分かりやすく活用方法をご紹介致します。受講料無料となっておりますので、ぜひご参加ください。

受講をご希望の方は、下記添付の申込書に事業所名、受講者等をご記入いただきFAX(46-3267)または各本支所まで御連絡ください。

日時 6月21日(木)15:00~17:00

場所 屋久島町商工会 安房支所

申込書0621講習会チラシ

平成31年10月1日から消費税及び地方消費税の税率が8%から10%に引き上げられると同時に軽減税率制度は実施されます。

今回、種子島税務署職員の方が制度のポイントを分かりやすくご説明致しますので、是非ともご参加ください。

・軽減税率の対象品目はなに?

・帳簿や請求書の記載方法はどう変わる?

・複数税率対応のレジを購入する時、補助金制度はどうなっているの?

受講料も無料となっております。受講をご希望の方は、下記チラシに事業所名、受講者等をご記入いただきFAX(46-3267)または各本支所まで御連絡ください。

 

日時 6月20日(水)13:30-15:30

場所 屋久島町商工会 安房支所

 

申込書H30.6軽減税率講習会チラシ

平成30年4月21日、屋久島町商工会青年部通常総会が開催されました。

第一号議案 平成29年度事業報告並びに収支決算書・貸借対照表承認の件、第二号議案 平成30年度事業計画(案)並びに収支予算書(案)承認の件ともに承認可決されました。また第三号議案 役員補充選任の件では、牧隆之氏が監査委員に選任されました。

 

部 長 緒方健太

副部長 松田直諒 井手信博 小池隼人

会 計 塚田和人 有水佑太

監 事 内田直喜 牧 隆之

屋久島ご神山祭りの出店者を募集します。

【開催日時】

・平成30年 8月4日(土)、8月5日(日)

【開催場所】

・屋久島町 宮之浦 火之神山埠頭(新港)

【出店料】

・二日間 一間口 幅3m 奥行3m 12,000円(二間口を限度とします。)

※一日のみの申込はできません。

※使用するテント・照明・机・椅子等は各自でご用意ください。

※別途、環境整備費として一律1,000円徴収いたします。

【出店対象】

・23事業所(応募多数の場合は申込受付順の予定です。)

【募集締切】

・平成29年6月26日(月)

【出店説明会について】

・平成30年7月12日(木) 14時より商工会宮之浦本所にて出店説明会を開催いたします。ご神山祭りに出店希望の方は必ずご参加ください。出店説明会時に「出店申込書」及び「誓約書」をご提出ください。

【出店のキャンセルについて】

・出店申込の受付完了後のキャンセルは原則としてできません。やむを得ずキャンセルされる場合は速やかにその旨を商工会事務局までご連絡ください。

【その他の注意事項】

・アルコール類の販売は飲酒におけるトラブル防止や青少年育成の観点及び会場警備を商工会青年部が行っている経緯から、屋久島ご神山祭り実行委員会より占有の許可をいただいており、他の出店者にはご遠慮いただいています。

・食品を販売される方で、保健所の営業許可をお持ちでない場合は検便が必要です。7月10日(火)・7月24日(火)が屋久島保健所の検便受付日となっています。(屋久島保健所 ℡0997-46-2024)

 

※屋久島ご神山祭り出店希望の方は下記より書類をダウンロードいただきfaxにてお申込みください。

2018ご神山祭り出店募集案内・受付票

 

平成30年5月19日(土)午後1時30分より屋久島町商工会 第11回 通常総代会が屋久島離島開発総合センターで開催されました。松本会長は「本日は、平成30年度の第11回となります通常総代会のご案内をいたしましたところ、皆様には、大変お忙しい中、ご出席をいただき、このように盛大に総代会が開催できますことを感謝申し上げますとともに、厚くお礼申し上げます。また、ご来賓の皆様におかれましては公務ご多忙のなか、ご臨席を賜りましたことに、心より厚くお礼申し上げます。本日は、この後の表彰式において、中小企業庁長官表彰・全国商工会長表彰・鹿児島県商工会連合会長表彰の伝達が行われます。受章されます皆様は、いずれも長年にわたり、当会の発展に尽力され、多大な貢献をしてこられた方々でございます。心からお喜びを申し上げますとともに、今後ますますのご健勝と、一層のご活躍を祈念申し上げます。私は平成27年度 第8回の総代会にて会長に選出され、この3年間、私なりに精一杯努力し、 商工会の運営に携わってまいりましたが、この間、各副会長さんをはじめ、役員の皆様、会員の皆様には、格別の御支援、御協力を賜り、お陰をもちまして、会長としての職責を何とか果たせてきたのではないかと深く感謝いたしております。この3年間を振り返ってみますと、平成27年度は口永良部島新岳噴火災害、平成28年度は熊本地震、平成29年度は九州北部豪雨災害と多くの自然災害がございました。それらの影響もあってか、平成15年度には30万人を突破し、平成19年度には過去最高の40万人台を突破した屋久島への入込客数も平成25年度からは30万人を下回っており、平成28年度は平成12年と同程度の267,364人となっています。多くの方が観光産業に携わっている会員のみなさまにおかれましては、この3年間、本当に大変な時期だったと思います。観光産業は,宿泊業,運輸業,飲食業,旅行業等を中心に,農林業,伝統産業,製造業 など幅広い産業に関連する、非常に裾野の広い総合産業です。観光産業の成長は他産業へ の需要創出効果や雇用創出効果などをもたらし,地域の経済全体にとって非常に高い経済 効果を期待することができます。観光庁の試算では、定住人口が1人減少することにより失われる年間消費額は、外国人観光客10人、日本人の宿泊観光客であれば26人の観光消費額により補うことができるとされています。少子高齢化が進行しつつある屋久島でも今後ますます観光産業が占める役割は重要なものになってきます。また、平成29年度には「特定有人国境離島地域の地域社会の維持を支援するための交付金」制度が創設されました。みなさんに一番身近なことでいうと、高速船の料金が下がりましたよね?特定有人国境離島地域の人口減の抑制、新規雇用者数の増加、観光客等交流人口の増加が効果として期待されています。この制度を有効に活用していただき、ぜひ商売に活かしていただければと思っています。申請の際に事業計画の策定が必要な場合は商工会へご相談ください。こうした中で、商工会といたしましては、鹿児島県や屋久島町とともに地方創生に向けた施策を考えていかなければと考えています。今年度は、屋久島ご神山祭り・屋久島夢祭り・サイクリング屋久島等、地域のイベントの活性化、更には屋久島町にある自然や伝統文化等を生かした町全体の活性化に向け、役職員一丸となり、会員の皆様方のご意見をいただきながら、明るく楽しい町づくりに取り組んでまいります。また、国の認定を受けた経営発達支援計画の認定機関として、会員事業所の持続的発展に寄与すべく、経営発達支援計画に沿った小規模事業者への伴走型支援を行ってまいります。具体的には、小規模事業者持続化補助金・ものづくり補助金をはじめとした様々な補助金・助成金申請に必要な事業計画書の作成支援を伴走型で行ってまいります。リニューアルした屋久島町商工会ホームページを活用し、会員の皆様へ各種補助金・助成金等、講習会・セミナー等の情報発信を行っていくと同時に、会員の皆様が無料でホームページを作成できる「shift シフト」を活用し事業所のネット販売・ネット取引の支援も行って参ります。また、天文館にある「かごしま特産品市場(かご市)」での屋久島フェアや鹿児島中央駅アミュ広場で行われる「まるごと特産品フェア」を利用した販路開拓支援も引き続き行って参ります。最後になりましたが、本日提案しております各議案の審議がスムーズにいきますよう、ご協力をお願いしますとともに、会員の皆様の今後ますますのご健勝とご活躍・ご発展を祈念いたしまして、総代会の開催にあたってのあいさつといたします。本日はどうぞ、よろしくお願いいたします。」とあいさつしました。

総代会では、平成29年度事業報告及び収支決算書・貸借対照表、平成30年度収支予算や平成30年度事業計画等が上程され、全ての議案について承認可決されました。

また、任期満了に伴う役員選任も行われました。新役員は下記の通りです。(順不同、敬称略)

会 長 松本和則

副会長 山﨑利広

 〃  内田正喜

理 事 緒方健太

 〃  荒木範子

 〃  笹川貴之

 〃  岩川康子

 〃  下野宣子

 〃  永野正義

 〃  内田直喜

 〃  泊伝一郎

 〃  日高 靖

 〃  松田直諒

 〃  肥後信一

 〃  渡辺敏子

 〃  菊永伸喜

 〃  井手信博

 〃  矢野憲一

監 事 船津 毅

 〃  廣森 均

 

総代会終了後は屋久島町商工会合併10周年記念講演会が行われました。株式会社セブンプラザ代表取締役会長兼チェーン本部長 山口貞利氏を講師に招き、おもてなしの経営ポイント「人を大事にしない会社は繁栄しない」というテーマで講演いただきました。

講演会終了後は屋久島シーサイドホテルにて合併10周年記念祝賀会が多くの会員のみなさまにご出席いただき、盛大に開催されました。

 

屋久島町商工業安定資金は、屋久島町が屋久島町の商工業者に対して、屋久島町商工業安定資金の貸付を行うことにより、商工業の安定と振興に寄与することを目的としています。

【融資対象者】

屋久島町内に1年以上継続して住所及び事業所を有しているもので、かつ、屋久島町商工会の会員とします。(ただし、町税の滞納のない方に限ります。)

【融資条件】

・融資限度額

運転資金・設備資金 50万円以内

・貸付利息

無利息

・貸付期間

2年以内

・連帯保証人

2名 連帯保証人は、町内に住所を有し独立して生計を営む者(借入申込者と生計を一にする者を除く。)で資金の返還に関し保証能力のあるものでなければなりません。

・借入に必要な書類

商工業安定資金借入申込書 所得証明書 納税証明書 決算書(直近1期分) 印鑑証明書(借入申込者・連帯保証人)

※貸付は予算の範囲内で行われます。

ご相談・お問合せは商工会(宮之浦本所℡42-0159 安房支所℡46-2137)まで 

  • 経営計画に基づいて実施する販路開拓等の取り組みに対し、原則50万円を上限に補助金(補助率2/3)が出ます。
  • 計画の作成や販路開拓の実施の際、商工会の指導・助言を受けられます。
  • 小規模事業者が対象です。
  • 申請にあたっては、地域の商工会へ「事業支援計画書」(すべての事業者)、「事業承継診断票」(代表者が60歳以上のすべての事業者)の作成・交付を依頼する必要があります。依頼は平成30年5月8日(火)までにお願いします。

 申請にあたっては、作成された「経営計画書」(様式2)・「補助事業計画書」(様式3)の写し等を地域の商工会に提出のうえ、上記の「事業支援計画書」(様式4)・「事業承継診断票」(様式6)の作成・交付を依頼してください

(これら「事業支援計画書」・「事業承継診断票」も申請に必要な書類です)。

 締切間際の場合には対応できないこともあり得ますので、作成依頼は平成30年5月8日(火)までにお願いいたします。

公募要領及び申請様式のダウンロード

公募要領 ⇒ 29補正小規模事業者持続化補助金【公募要領】

申請様式 ⇒ H29補正小規模事業者持続化補助金・申請書様式

 

◆事業の概要

※詳細は公募要領等でご確認ください。

◆補助対象者

小規模事業者[商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律(平成5年法律第51号)第2条を準用]

卸売業・小売業

常時使用する従業員の数  5人以下

サービス業(宿泊業・娯楽業以外)

常時使用する従業員の数  5人以下

サービス業のうち宿泊業・娯楽業

常時使用する従業員の数 20人以下

製造業その他

常時使用する従業員の数 20人以下

○ 補助対象者の範囲

補助対象となりうる者

補助対象にならない者

・会社および会社に準ずる営利法人
(株式会社、合名会社、合資会社、合同会社、特例有限会社、企業組合・協業組合)
・個人事業主

・医師
・歯科医師
・助産師
・組合(企業組合・協業組合を除く)
・一般社団法人、公益社団法人
・一般財団法人、公益財団法人
・医療法人
・宗教法人
・NPO法人
・学校法人
・農事組合法人
・社会福祉法人
・申請時点で事業を行っていない創業予定者
・任意団体  等

◆対象となる事業

策定した「経営計画」に基づき、商工会の支援を受けながら実施する地道な販路開拓等のための取組であること。
あるいは、販路開拓等の取組とあわせて行う業務効率化(生産性向上)のための取組であること。

《補助対象となり得る取組事例》

(1)地道な販路開拓等の取組について

・新商品を陳列するための棚の購入 ・・・ 【①機械装置等費】

・新たな販促用チラシの作成、送付 ・・・ 【②広報費】

・新たな販促用PR(マスコミ媒体での広告、ウェブサイトでの広告)

  ・・・ 【②広報費】

・新たな販促品の調達、配布 ・・・ 【②広報費】

・ネット販売システムの構築 ・・・ 【②広報費】

・国内外の展示会、見本市への出展、商談会への参加 ・・・ 【③展示会出展費】

・新商品の開発 ・・・ 【⑤開発費】

・新商品の開発にあたって必要な図書の購入 ・・・ 【⑥資料購入費】

・新たな販促用チラシのポスティング ・・・ 【②広報費】

・国内外での商品PRイベント会場借上 ・・・ 【⑧借料】

・ブランディングの専門家から新商品開発に向けた指導、助言

   ・・・ 【⑨専門家謝金】

・新商品開発に伴う成分分析の依頼 ・・・ 【⑬委託費】

・店舗改装(小売店の陳列レイアウト改良、飲食店の店舗改修を含む。)

  ・・・ 【⑭外注費】

 ※「不動産の購入・取得」に該当するものは不可。

(2)業務効率化(生産性向上)の取組について

【「サービス提供等プロセスの改善」の取組事例イメージ】

・業務改善の専門家からの指導、助言による長時間労働の削減

  ・・・ 【⑨専門家謝金】

・従業員の作業導線の確保や整理スペースの導入のための店舗改装

  ・・・ 【⑭外注費】

【「IT利活用」の取組事例イメージ】

・新たに倉庫管理システムのソフトウェアを購入し、配送業務を効率化する

  ・・・ 【①機械装置等費】

・新たに労務管理システムのソフトウェアを購入し、人事・給与管理業務を

 効率化する・・・ 【①機械装置等費】

・新たにPOSレジソフトウェアを購入し、売上管理業務を効率化する

  ・・・ 【①機械装置等費】

・新たに経理・会計ソフトウェアを購入し、決算業務を効率化する

  ・・・ 【①機械装置等費】

◆補助対象経費

①機械装置等費、②広報費、③展示会等出展費、④旅費、⑤開発費、⑥資料購入費、
⑦雑役務費、⑧借料、⑨専門家謝金、⑩専門家旅費、⑪車両購入費(買物弱者対策事業の場合に限ります)、⑫設備処分費(補助対象経費総額の1/2が上限)、⑬委託費、⑭外注費

※次の(1)~(3)の条件をすべて満たすものが、補助対象経費となります。
 (1)使用目的が本事業の遂行に必要なものと明確に特定できる経費
 (2)交付決定日以降に発生し対象期間中に支払が完了した経費
 (3)証拠資料等によって支払金額が確認できる経費  

◆補助率・補助額

・補助率 補助対象経費の2/3以内

・補助上限額 50万円
   ○75万円以上の補助対象となる事業費に対し、50万円を補助します。
   ○75万円未満の場合は、その2/3の金額を補助します。
 

平成30年度労働保険年度更新手続きについて

6月1日(金)から7月10日(火)までは、労働保険料の「年度更新」

申告・納付期間です。

6月はじめに送付されます、労働保険料申告書・納付書により、期間中

に申告・納付を行っていただきますようお願いします。

【問い合わせ先】

鹿児島労働局 労働保険徴収室 適用係

電話 099(223)8276