平成30年11月30日(金)準備7時30分より開店10時~18時,12月1日(土)開店10時~18時,12月2日(日)開店10時~17時,撤収18時までの3日間熊毛奄美地域商工会合同の「まるごと特産品フェア」を開催した。

 出展事業者は,商工会会員の32事業所プラスJA種子屋久で,種子島・屋久島より14事業所(内屋久島より8事業所),奄美地域より18事業所が,商品を販売した。種子島の安納芋,黒糖加工商品,屋久島のウコン製品,たんかん加工品,よもぎもち,地杉精油製品,飛魚加工品,紅茶,奄美地域の黒糖焼酎,黒糖製品などの販売事業者が出展した。

 まるごとフェア来店客に対し、屋久島の特産品の需要動向と商品の評価に関するアンケート調査を行った。3日間で通り客106人に対し実施した。女性が75.5%、年代は50代23.6%、60代21.7%、40代18.9%、70代15.1%、30代13.2%であった。職業は、主婦44.3%,会社員32.1%,無職9.4%の順に多かった。住まいは、66.0%が鹿児島市で、他の鹿児島県内が9.4%,九州他県が14.2%,関東3.8%であった。来街目的は、買い物が58.5%,仕事15.1%,観光17%であった。
 屋久島の特産品で購入したいものとしては、農産物・農産加工品を(11+45)56人が選択し最も人気が高く、次が水産加工品(飛魚,サバ節等)を45人が選択、焼酎を26人が選択、屋久杉工芸品16人が選択、お菓子を9人が選択、という結果であった。農産物のタンカン・ポンカン、農産加工品のお茶、ドレッシング、タンカンジュース等も人気であった。また、飛魚のすり身やサバ節などの人気・知名度が高く、三岳等の焼酎人気も高い。屋久杉工芸品も購入してみたいとの考えがある方も16人いたが、安価な小物を求める傾向であった。
 購入する際のポイントは、味41人,価格41人,日持ち25人,地域特色22人,安心安全20人,持ち帰りやすさ19人の順であり、消費者は、水産加工品や農産物などの安価でおいしく、屋久島産の地域特色のある特産品を求めており、日持ちがよく、持ち帰り易いものを購入したいと考えている。購入価格帯は、501~1000円以下51.9%,1001~2000円以下30.2%が多く、1000円以下で59.4%、2000円以下で89.6%を占めており、1000円以下での商品開発が妥当であり、2000円を超えると購入をためらう場合が多いとの結果となった。
30まるごとフェア需要動向アンケート集計グラフ

平成30年10月14日と15日に開催された屋久島フェアへの来店客に対し、屋久島の特産品の需要動向と商品の評価に関するアンケート調査を行った。2日間で通り客82人に対し実施した。女性が68.3%、年代は60代34.1%、70代18.3%、40代15.9%、50代13.4%、他18.3%であった。職業は、会社員35.4%,主婦34.1%,無職14.6%の順に多かった。住まいは、69.5%が鹿児島市で、他の鹿児島県内が11%,九州他県が12.2%,関東4.9%であった。来街目的は、買い物が59.8%,仕事18.3%,観光11%であった。

屋久島の特産品で購入したいものとしては、水産加工品(飛魚,サバ節等)を48人が選び最も人気が高く、次が農産物・農産加工品(8+28)36人が選択、焼酎26人が選択、お菓子17人が選択、屋久杉工芸品11人が選択という結果であった。飛魚のすり身やサバ節などの人気・知名度が高く、タンカン・ポンカン、屋久とろなど農産品も人気であった。三岳等の焼酎人気も高い。屋久杉工芸品も今まで高く手がでなかったが購入してみたいとの考えがある方も11人いらっしゃった。

購入する際のポイントは、安心安全34人,味31人,日持ち29人,地域特色18人,価格15人,持ち帰りやすさ11人の順であり、消費者は、水産加工品や農産物など屋久島産の地域特色のある安全でおいしい特産品を求めていると考えられる。購入価格帯は、501~1000円以下45.1%,1001~2000円以下39%が多く、2000円以下の商品開発が妥当との結果となった。

30かご市屋久島フェア需要動向アンケート集計グラフ

鹿児島県の宿泊者数動向は、H30年4月が、前年比0.1%増、5月が、前年比1.8%増と微増であったが、屋久島地区では、4月が前年比13.7%減、5月が17.9%減、6月が23.5%減と大幅に減少傾向となっている。また、ヤクスギランド、白谷雲水峡の入林者数も同様の傾向を示している。
特に関西からの宿泊客が減少し、海外では、中国からの観光客が減少している。
H30屋久島町経済動向(観光)入込客数 各地入林者数 宿泊客数推移

〇小規模企業景気動向調査
 平成30年1月期
 降雪や厳冬により消費が低迷し、全業種で悪化した。
 平成30年1月期調査結果
 平成30年2月期
 建設業を除き3業種(製造,小売,サービス)で停滞が続く小規模企業景況
 平成30年2月期調査結果
 平成30年3月期
 前月から一転、建設業以外の3業種で業況が改善した小規模企業景況
 平成30年3月期調査結果
 平成30年4月期
 製造業を中心に2ヶ月連続の改善となった小規模企業景況
 平成30年4月期調査結果
 平成30年5月期
 改善が長続きせず一歩後退の小規模企業景況
 平成30年5月期調査結果
 平成30年6月期
 小売業が好転も、回復の足取りが重い小規模企業景況
 平成30年6月期調査結果レポート

平成29年度屋久島フェア需要動向調査

平成29年6月11日(日),12日(月)の2日間、鹿児島市天文館本通の「かごしま特産品市場」において 屋久島フェアを開催しました。

屋久島フェア来店客に対し商品の評価に関するアンケート調査を行いました。

・屋久鹿ラーメンについては、ネーミングに77.8%の方が良い・やや良いとの評価、パッケージも72.5%が良い・やや良いの評価、味は良い33.3%、やや良い61.1%と鹿肉に抵抗を感じる方が多い中、スープの味に対する評価は高く、価格については、72.2%の方が普通と答えており、定価1100円を500円に割引販売していたが、それでも1食500円が割高と感じている消費者が多いと感じました。総合評価については、味、パッケージ等評価が高かったが、割高感が強く55.6%が普通との評価でした。

・ウコンゼリーについては、ネーミングは、63.6%が良い・やや良いの評価、パッケージは、90.9%が良い・やや良いの評価、味については、45.5%が良い、54.5%がやや良いとの評価となり合わせて100%と高評価でした。価格は普通が45.5%、やや良いが45.5%となり、総合で81.8%がやや良いとの評価でした。ウコンゼリーは、パッケージ・商品ロゴなど女性をターゲットにしたデザインが好評であり、味もタンカン・ポンカン果汁を使ったもので高評価となりました。

・ウコン錠剤商品についてネーミングは、69.2%が良い・やや良いの評価、パッケージは、61.5%が良い・やや良いの評価、味については、23%が良い、30.8%がやや良い、46.1%が普通との評価で最も多く、価格は普通が53.8%と最も多く、総合で61.5%が普通との評価でした。無農薬栽培の屋久島ウコン使用、希少な黒ウコン配合など商品の魅力をアピールし販売拡大を図る必要があると感じました。

・屋久島町の特産品に関するアンケート調査も行いました。
屋久島の特産品で購入したいものを聞いたところ、農産物29.9%,農産加工品16.9%,お酒16.9%,お菓子13%の順となり,購入の際、重視する点は、試食しての味33.8%、安心安全18.2%、商品の内容15.6%、パッケージ10.4%、地域の特色9.1%、持ち帰り易さ9.1%となりました。

購入価格帯は、501円~1000円が47.6%と最も多く、次に1001円~2000円が45.2%となりました。1000円までの気軽に購入できる価格帯が人気であり、農産物・農産加工品の人気が高い結果となりました。

H28屋久島入込客数 各地入林者数 宿泊客数推移 経済動向(観光)

4月関東・関西・中国地方からの宿泊客減,個人客,一般団体・ツアー客減少,熊本地震の影響により宿泊キャンセルが多かった。
5月関東・関西・中部・中国地方からの宿泊客減,修学旅行団体客減 九州,海外客は増加
6月関東・中部・九州からの客減少,関西客増,個人・団体客減,修学旅行客増加
7月関西・九州からの宿泊客増加,中部からの宿泊客減,個人,団体ツアー増加
8月関東・関西・海外客が増加,北陸・中国地方からの宿泊客減少,個人・団体ツアー客増加,修学旅行減少
9月関東・中部・関西からの宿泊客増加,南九州からの宿泊客減少,個人・団体ツアー客増加,修学旅行減少
10月関東・中部・関西からの宿泊客増加,中国地方,九州からの宿泊客減少,個人・団体ツアー客増加
11月関東・中部・関西からの宿泊客増加,九州からの宿泊客減少,個人・団体客ともに増加
4月~6月にかけては,入込客数,宿泊客数,入林者数とも前年を下回っていたが,7月・8月・9月・10月・11月は入込客も前年同月を上回り回復傾向であったが12月、1月、2月は、前年度を割り込み、3月は大きく増加(宿泊客数が+28.9%)となっており合計では前年比微増であったが、平成29年度は回復を期待する状況である。