誰でも気軽に利用できる無料翻訳システム

近隣に観光地を擁する商店街の課題は海外からの観光客に対する各個店の接客です。そんな言葉の壁をフォローしているのが、宇治商工会議所です。宇治市は平等院と宇治上神社というふたつの世界遺産があり、1年で約560万人もの観光客が押し寄せる国内きっての観光地。外国人観光客も急増中です。そこで宇治商工会議所は2015年に「多言語ツール」を開発しました。これは「多言語メニューやプライスカードが簡単に作れるツール」「接客おもてなしシート」「多言語型観光マップ」の3点からなっています。これらのツールはインターネット上で公開されており、パソコンとプリンターさえあれば誰でも無料で利用できます。ぜひご活用ください。

・宇治商工会議所 
http://www.ujicci.or.jp/
トップページ→ビジネスチャンス・PR→外国人観光客販売支援ツール

また、農林水産省が飲食事業者のためのインバウンド対応ガイドブック(平成29年版)を公開していますので、併せてご活用ください。

・飲食事業者のためのインバウンド対応ガイドブック(平成29年版)
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/eat/inbound_17.html

屋久島町商工業安定資金は、屋久島町が屋久島町の商工業者に対して、屋久島町商工業安定資金の貸付を行うことにより、商工業の安定と振興に寄与することを目的としています。

【融資対象者】

屋久島町内に1年以上継続して住所及び事業所を有しているもので、かつ、屋久島町商工会の会員とします。(ただし、町税の滞納のない方に限ります。)

【融資条件】

・融資限度額

運転資金・設備資金 50万円以内

・貸付利息

無利息

・貸付期間

2年以内

・連帯保証人

2名 連帯保証人は、町内に住所を有し独立して生計を営む者(借入申込者と生計を一にする者を除く。)で資金の返還に関し保証能力のあるものでなければなりません。

・借入に必要な書類

商工業安定資金借入申込書 所得証明書 納税証明書 決算書(直近1期分) 印鑑証明書(借入申込者・連帯保証人)

※貸付は予算の範囲内で行われます。

ご相談・お問合せは商工会(宮之浦本所℡42-0159 安房支所℡46-2137)まで 

  • 経営計画に基づいて実施する販路開拓等の取り組みに対し、原則50万円を上限に補助金(補助率2/3)が出ます。
  • 計画の作成や販路開拓の実施の際、商工会の指導・助言を受けられます。
  • 小規模事業者が対象です。
  • 申請にあたっては、地域の商工会へ「事業支援計画書」(すべての事業者)、「事業承継診断票」(代表者が60歳以上のすべての事業者)の作成・交付を依頼する必要があります。依頼は平成30年5月8日(火)までにお願いします。

 申請にあたっては、作成された「経営計画書」(様式2)・「補助事業計画書」(様式3)の写し等を地域の商工会に提出のうえ、上記の「事業支援計画書」(様式4)・「事業承継診断票」(様式6)の作成・交付を依頼してください

(これら「事業支援計画書」・「事業承継診断票」も申請に必要な書類です)。

 締切間際の場合には対応できないこともあり得ますので、作成依頼は平成30年5月8日(火)までにお願いいたします。

公募要領及び申請様式のダウンロード

公募要領 ⇒ 29補正小規模事業者持続化補助金【公募要領】

申請様式 ⇒ H29補正小規模事業者持続化補助金・申請書様式

 

◆事業の概要

※詳細は公募要領等でご確認ください。

◆補助対象者

小規模事業者[商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律(平成5年法律第51号)第2条を準用]

卸売業・小売業

常時使用する従業員の数  5人以下

サービス業(宿泊業・娯楽業以外)

常時使用する従業員の数  5人以下

サービス業のうち宿泊業・娯楽業

常時使用する従業員の数 20人以下

製造業その他

常時使用する従業員の数 20人以下

○ 補助対象者の範囲

補助対象となりうる者

補助対象にならない者

・会社および会社に準ずる営利法人
(株式会社、合名会社、合資会社、合同会社、特例有限会社、企業組合・協業組合)
・個人事業主

・医師
・歯科医師
・助産師
・組合(企業組合・協業組合を除く)
・一般社団法人、公益社団法人
・一般財団法人、公益財団法人
・医療法人
・宗教法人
・NPO法人
・学校法人
・農事組合法人
・社会福祉法人
・申請時点で事業を行っていない創業予定者
・任意団体  等

◆対象となる事業

策定した「経営計画」に基づき、商工会の支援を受けながら実施する地道な販路開拓等のための取組であること。
あるいは、販路開拓等の取組とあわせて行う業務効率化(生産性向上)のための取組であること。

《補助対象となり得る取組事例》

(1)地道な販路開拓等の取組について

・新商品を陳列するための棚の購入 ・・・ 【①機械装置等費】

・新たな販促用チラシの作成、送付 ・・・ 【②広報費】

・新たな販促用PR(マスコミ媒体での広告、ウェブサイトでの広告)

  ・・・ 【②広報費】

・新たな販促品の調達、配布 ・・・ 【②広報費】

・ネット販売システムの構築 ・・・ 【②広報費】

・国内外の展示会、見本市への出展、商談会への参加 ・・・ 【③展示会出展費】

・新商品の開発 ・・・ 【⑤開発費】

・新商品の開発にあたって必要な図書の購入 ・・・ 【⑥資料購入費】

・新たな販促用チラシのポスティング ・・・ 【②広報費】

・国内外での商品PRイベント会場借上 ・・・ 【⑧借料】

・ブランディングの専門家から新商品開発に向けた指導、助言

   ・・・ 【⑨専門家謝金】

・新商品開発に伴う成分分析の依頼 ・・・ 【⑬委託費】

・店舗改装(小売店の陳列レイアウト改良、飲食店の店舗改修を含む。)

  ・・・ 【⑭外注費】

 ※「不動産の購入・取得」に該当するものは不可。

(2)業務効率化(生産性向上)の取組について

【「サービス提供等プロセスの改善」の取組事例イメージ】

・業務改善の専門家からの指導、助言による長時間労働の削減

  ・・・ 【⑨専門家謝金】

・従業員の作業導線の確保や整理スペースの導入のための店舗改装

  ・・・ 【⑭外注費】

【「IT利活用」の取組事例イメージ】

・新たに倉庫管理システムのソフトウェアを購入し、配送業務を効率化する

  ・・・ 【①機械装置等費】

・新たに労務管理システムのソフトウェアを購入し、人事・給与管理業務を

 効率化する・・・ 【①機械装置等費】

・新たにPOSレジソフトウェアを購入し、売上管理業務を効率化する

  ・・・ 【①機械装置等費】

・新たに経理・会計ソフトウェアを購入し、決算業務を効率化する

  ・・・ 【①機械装置等費】

◆補助対象経費

①機械装置等費、②広報費、③展示会等出展費、④旅費、⑤開発費、⑥資料購入費、
⑦雑役務費、⑧借料、⑨専門家謝金、⑩専門家旅費、⑪車両購入費(買物弱者対策事業の場合に限ります)、⑫設備処分費(補助対象経費総額の1/2が上限)、⑬委託費、⑭外注費

※次の(1)~(3)の条件をすべて満たすものが、補助対象経費となります。
 (1)使用目的が本事業の遂行に必要なものと明確に特定できる経費
 (2)交付決定日以降に発生し対象期間中に支払が完了した経費
 (3)証拠資料等によって支払金額が確認できる経費  

◆補助率・補助額

・補助率 補助対象経費の2/3以内

・補助上限額 50万円
   ○75万円以上の補助対象となる事業費に対し、50万円を補助します。
   ○75万円未満の場合は、その2/3の金額を補助します。
 

平成30年度労働保険年度更新手続きについて

6月1日(金)から7月10日(火)までは、労働保険料の「年度更新」

申告・納付期間です。

6月はじめに送付されます、労働保険料申告書・納付書により、期間中

に申告・納付を行っていただきますようお願いします。

【問い合わせ先】

鹿児島労働局 労働保険徴収室 適用係

電話 099(223)8276

平成29年12月1日~12月31日の期間で、毎年恒例となりました「わくわくドキドキ感謝セール」を町内83店舗のご協力のもと開催しました。セール期間中は多くのお客様にご利用いただき誠にありがとうございました。

景品の引き換え締切は1月31日(水)までとなっております。今一度、お手元の抽選券をご確認ください。

 

特別賞:種子屋久高速船 屋久島⇔鹿児島往復チケット 5本

000007 006201 014648 021610 065551

わくわく賞:30000円分商品券 3本

010540 014413 027431

ドキドキ賞:20000円分商品券 3本

012820 039115 047147

1等:10000円分商品券 15本

000661 001168 002575 013888 016448
017120 021303 023131 029734 040197
040478 044428 056038 056087 062173

2等:5000円分商品券 2本

000360 000851 001174 001747 004078
005012 005194 006537 007199 008260
020477 021395 024137 034601 046633
048913 056663 064964 066546 066665

3等:1000円分商品券 1100本 下2桁

43

・景品の引き換えについて

特別賞・わくわく賞・ドキドキ賞・1等・2等の当選券は、商工会(宮之浦本所・安房支所)にて商品券と引き換えます。引き換え期限:平成30年1月31日(水)。

3等は抽選券がそのまま商品券として利用できます。

商品券は2月16日(金)までに加盟店でご利用ください。

 

・学校協力券について

学校協力券の各学校から商工会への提出締切は1月31日(水)までとなっておりますので、学校協力券はお早めに各学校へお持ちください。

 

・わくわくドキドキ感謝セール加盟店一覧及び当選番号は下記よりダウンロードできます。

わくわくドキドキ加盟店一覧

わくわくドキドキ当選番号

 

 

会員各位

 

 拝啓 師走の候、ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。

 日頃より当会事業運営につきまして、ご理解ご協力を頂き厚くお礼申し上げます。

 さて、年末年始の休業日につきまして、下記のとおりお知らせいたします。

 大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

 

               

 

  年末年始休業日:平成29年12月29日(金)~平成30年1月3日(水)

 

 

 

                        

地域商業の活性化を目的に、本年度も歳末大売り出し「わくわくドキドキ感謝セール」を実施いたします。

セール期間(平成29年12月1日~12月31日)中に加盟店にてお買上げ1,000円ごとに抽選券を1枚進呈いたします。(店舗によって異なる場合があります)

特別賞 屋久島・鹿児島往復高速船券 5本
わくわく賞 30,000円分商品券 3本
ドキドキ賞 20,000円分商品券 3本
1等 10,000円分商品券 15本
2等 5,000円分商品券 20本
3等 1,000円 1100本

当選番号発表 平成30年1月16日(火)

抽選を行い加盟店店頭・1月16日(火)の新聞折込チラシ・屋久島町商工会ホームページにて当選番号を発表します。

特別賞・わくわく賞・ドキドキ賞・1等・2等の当選券は商工会(本所・支所)にて商品券と引き換えます。3等は抽選券がそのまま商品券として加盟店で利用できます。

 

わくわくドキドキ感謝セール加盟店

【永田地区】

ショッピングプラザコスモ永田

【吉田地区】

田中商店

【一湊地区】

エミ美容室 小倉サキ子商店 かねなか商店 (有)林石油 馬場酒店 肥後石油店 平海製菓 まるいちストアー

【宮之浦地区】

一心時計店 楓庵 もとよし 柴民芸品店 酒菜屋たぬき 香蘭美容室 サナエ美容室 つり具の岩川 (有)塚田精肉店 辻商店 寺田電化サービス ドコデンやくしま店(有限会社電化のマツダ) ナカガワスポーツ 中峰写真館 スナック和 (有)宮之浦石油 龍鳳 ローズテーラー 荒木商店(三八ストアー) 屋久島観光センター はいから美容室 和食の海舟 美容室セブン マムズキッチン 田村玩具店 (有)荒田商店 (有)内田石油 新月堂 (有)塚田鮮魚 ハッピー美容室 ルージュ (有)文昌堂 (有)丸高水産 おしゃれの店みなみ 割烹雲水 ギフトショップオズ 中島タタミ店

【小瀬田地区】

(有)寺田商店 (有)八万寿茶園 Catch the Beer ほぐしやネネ

【永久保・船行】

くらしの店ながくぼ 松田商店

【安房地区】

泊酒店 いその香り 切通釣具店 丸正ストアー ヒロベーカリー ヘアーサロンFAKE じぃじ家 定食・パスタかたぎりさん フォトテック(有)サン 岩川米国酒店 (有)泊書店 遊ショップとまり スキヤ洋服店 (有)しいば はるた屋 スマイリー ZAKKAハイジ+ワッチCafe ご飯や屋久どん まるゆう商店

【麦生地区】

栄屋 石窯パン工房樹の実

【原地区】

井尻商店

【尾之間地区】

リバージュ 日高酒酒 (有)日高石油店

【平内地区】

渡辺商店

【湯泊地区】

中木原商店

【栗生地区】

大迫商店 月野商店 (有)山下商店 

 

平成29年度分給与所得の年末調整説明会を次の日程で開催します。

(日時及び場所)

日時 場所
平成29年11月14日(火)14:00~16:00 安房地区公民館(安房)
平成29年11月15日(水)10:00~12:00 屋久島離島開発総合センター

(必要書類)

・平成29年分年末調整のしかた

・平成29年分給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引き

(問い合わせ先)

種子島税務署 ℡0997-22-0440

種子島税務署では、事業者の方を対象として、消費税の軽減税率制度に関する説明会を開催します。多くの事業者の方に関係のある制度ですので、ぜひお越しください。

◎消費税の軽減税率制度は、平成31年10月1日からの消費税率の10%への引き上げと同時に実施されます。

◎軽減対象品目の取り扱いがある消費税の課税事業者の方だけでなく、たとえば、会議費や交際費として飲食料品等を購入する事業者の方や消費税の免税事業者の方も、取扱商品の適用税率の確認や適用税率ごとの区分経理など、制度の実施に向けた準備が必要となります。

(日時及び場所)

日時 場所 定員
平成29年11月28日(火)14:00~15:00 屋久島町総合センター(安房) 50名
平成29年11月29日(水)10:00~11:00 屋久島離島開発総合センター(宮之浦) 50名

◎会場の席数に限りがございますので、参加の際には11月17日(金)までに下記の窓口へ電話により申込願います。

(申し込み・問い合わせ先)

種子島税務署 ℡0997-22-0440

平成29年9月25日(月)、午後2時30分~午後4時30分、屋久島町商工会宮之浦本所にて経営講習会を開催しました。株式会社Climbest 代表取締役 脇野真梨江氏を講師に招き、「まずは環境整備から!! 外国人観光客を呼び込む仕組み作り」テーマでご講演いただきました。講習会は、1、外国人の目線になってみよう!(ご挨拶と外国人としての体験談)2、外国人受入について考えてみよう!(外国人観光客を呼び込む仕組み作り)3、外国人を実際受け入れる練習をしてみよう!(明日から使える外国語レッスン)の3部構成で行われました。外国人観光客を呼び込む仕組み作りとして、①店頭ステッカーの活用②近隣マップ作成③食品サンプル活用④多言語メニューの準備⑤スタッフの育成⑥インバウンド向け決算例「スマホ決済」の6つの提案がありました。また第三部の外国人を実際受け入れる練習をしてみよう!では中国語の発音やあいさつのレッスンが行われました。

1 / 512345