1.目 的

 加工食品を取り巻く食品表示について、昨年9月、食品表示基準(内閣府令)に

より開催された「すべての加工食品への原料、原産地表示制度の導入」及び、平成

27年から施行されている「機能性食品表示」について理解促進を図り、適正な食

品表示に資する。

 また、併せて農林産物、水産物、畜産物のGAP等各種認証制度の概要について

研修を行い、認証制度の普及啓発を図る。

 

2.主 催  屋久島事務所農林普及課

3.共 催  屋久島自然の恵み販売拡大協議会

4.日 時  平成30年8月23日(木)午後1時30分~午後3時30分

5.場 所  屋久島事務所 第3会議室

     (屋久島町安房650  電話 0997-46-2236)

6.内 容  (1)新たな加工食品の原料・原産地表示制度について

      (2)機能性食品表示について

      (3)GAP等各種認証制度の概要について

7.対象者  6次産業化志向農家、加工グループ、加工業者、生産者、等 約30名

8.申込期限 平成30年8月16日(木)

8.申込先・問合せ先 屋久島事務所農林普及課 木下

          電話 46-2236 FAX 46-3384

~「働き方改革」全般に関する相談・支援に無料で応じます~

働き方改革の「お悩み」に社会保険労務士等の専門家が親身にお応えします。

鹿児島県働き方改革推進支援センターは、鹿児島県社会保険労務士会が、鹿児島労働局から委託を受けて設置する相談・支援窓口です。「働き方改革」の実現に向けて、特に中小企業・小規模事業者等を中心に、

①長時間労働の是正

②同一労働同一賃金など非正規雇用者の待遇改善

③賃金引上げと労働生産性向上

④人手不足の解消に向けた雇用管理改善

についてのご相談など、総合的な支援を行います。

 

《働き方改革全般について様々なご相談を受け付けます》

・36協定ついて詳しく知りたい

・非正規の方の待遇を良くしたい

・人手不足に対応するため、どのようにしたらよいか教えてほしい

・助成金を活用したいが、利用できる助成金が分からない 等

~お気軽にご相談ください。

 

【ご相談やお問合せ】

□電話・メール・来所により社会保険労務士(専門家)が対応。

□ご希望に応じて、専門家が直接企業に訪問することも可能です。

□出張相談会・セミナーも開催していますのでご活用ください。

 

電 話:099-257-4823

メール:hatarakikata@sr-kagoshima.jp

場 所:鹿児島市下荒田3-44-18のせビル2F(鹿児島県社会保険労務士会事務局内)

時 間:9:00~17:00(土・日・祝日を除く)

※ご相談内容等秘密は厳守します。お気軽にご相談ください。

相談等支援申込書のはこちらからダウンロードできます⇒相談等支援申込書

※アクセス詳細等はURL:http://www.sr-kagoshima.jp

 

 

「しまづくりキャラバン」は、各地域の特色やその年のトピックスをテーマに離島地域と都市との交流の促進を図り、東京に限らず、主要な都市において離島の魅力の情報発信を行う場を設け、都市に住む人たちのニーズ把握などを通して、今後の離島地域の活性化に役立てるため実施するものです。今回の「しまづくりキャラバン」では、島で生産された特産品、物産品などの「島の逸品」に焦点を当て、九州最大級の業界横断型の展示会「FOOD STYLE 2018 in FUKUOKA」に出展し、国内外への情報発信、販路拡大を目指します。

【開催概要】

①名称:しまづくりキャラバン

②開催日時:平成30年11月7日(水)~8日(木)2日間

③会場:マリンメッセ福岡(福岡県福岡市博多区沖浜町7-1)「FOOD STYLE 2018 in FUKUOKA」会場内

③主催:公益財団法人 日本離島センター

④運営:しまづくりキャラバン実行委員会

【出展対象】

離島関係市町村及び離島関係各団体

【出展のメリット】

「FOOD STYLE in FUKUOKA」は、九州最大級の業界横断型の展示会です。小売(スーパーマーケットなど)、中食(弁当チェーンなど)、外食(居酒屋など)をはじめ、各業界の食品・飲料に関するプロフェッショナルが多数来場するイベントで、多様な島の物産品をPRする好機となることが期待されています。九州圏の来場者が多く、首都圏より有力バイヤーも誘致される予定。出展することによって市場の動向を捉え、島の特産品や物品をPRしていくのに役立つさまざまな情報を得ることができます。

①PR効果

「島の特産品や物品を知ってもらう」「業界全体へアピールする」など具体的なテーマや目標を掲げ、計画的に準備を進め、それに応じた工夫をすれば、その直接的・間接的な波及効果は計り知れないものがあります。

②来場者(バイヤー等)との情報交換

離島と都市との交流が図れます。来場者との自由な胃炎交換・情報交換ができるため、出展者である島側で、今まで気づかなかった島の産物の魅力や新たな可能性を発見することにもつながります。そこから島の活性化の新しい切り口を正確に捉えることもできます。来場者と一対一で会話して得られる反応(来場者がどういう点に反応を示したか、その時の表情やコメント)は、記帳な情報となります。

③新商品等の市場調査

「島の特産品(新商品)」のモニタリング等にも活用できます。産業振興に関して、十分な効果が発揮できる良いチャンスです。

④島と島との横の連携

島同士の交流が図れます。他の島の出展内容や、それに対する来場者の反応を知ることができるのも、本イベントの特徴のひとつです。また各島の担当者と直接会話を進めながら比較・意見交換することもできます。こうした交流は、同じ課題や解決方法など、さらに他の振興策を今後の島の活性化施策を考える上での大きなヒントになるはずです。

【募集期間について】

平成30年8月24日(金)まで ※ただし、募集団体数に達した時点で締め切らせていただきます。

【参加申し込み方法について】

別紙参加申込書に必要事項をご記入のうえ、市町村を通じて公益財団法人離島センターへご提出ください。

■しまづくりキャラバン(福岡)出展申込書

平成30年7月20日(金)、午後2時30分~4時30分、屋久島町商工会宮之浦本所にて経営講習会を開催しました。エス労務管理事務所 代表 社会保険労務士 児玉里美氏を講師に招き、中小企業が今から使える本当に役に立つ助成金というテーマでご講演いただきました。講習会では厚生労働省の助成金の特徴と注意点の説明が詳しく行われました。また、中小企業が今か使える助成金として、「トライアル雇用助成金」や「特定求職者雇用開発助成金」、非正規雇用労働者のキャリアアップを支援する「キャリアアップ助成金」など7つの助成金の申請時期や必要書類等の紹介もありました。厚生労働省の助成金の申請のために商工会では鹿児島県商工会連合会のエキスパートバンクに登録されている社会保険労務士を事業所へ無料で派遣しています。お気軽にお問合せください。

〇小規模企業景気動向調査
 平成30年1月期
 降雪や厳冬により消費が低迷し、全業種で悪化した。
 平成30年1月期調査結果
 平成30年2月期
 建設業を除き3業種(製造,小売,サービス)で停滞が続く小規模企業景況
 平成30年2月期調査結果
 平成30年3月期
 前月から一転、建設業以外の3業種で業況が改善した小規模企業景況
 平成30年3月期調査結果
 平成30年4月期
 製造業を中心に2ヶ月連続の改善となった小規模企業景況
 平成30年4月期調査結果
 平成30年5月期
 改善が長続きせず一歩後退の小規模企業景況
 平成30年5月期調査結果
 平成30年6月期
 小売業が好転も、回復の足取りが重い小規模企業景況
 平成30年6月期調査結果レポート

「小規模事業者持続化補助金」って耳にしたことございませんか?それでは「ものづくり補助金」は?実際に活用されたことのある方々も多いのではないでしょうか。これらは経済産業省・中小企業庁の補助金助成金です。実はあまり知られてないのですが、厚生労働省にもいろいろな助成金があります!! 

☑60歳以上の求職者を雇用して人手不足を解消したい!

☑事業を新設し、その地域の求職者を雇用したい!

☑定年の引き上げなどによって高齢従業員により活用してほしい!

☑人手不足解消のため未経験者の雇用を検討したい!

☑若手従業員に研修を受けさせて、知識や技能を身に着けさせたい!

☑育児休業の取得後、安心して復帰できるよう、社内の体制を整えたい!

☑契約社員を正社員として登用してキャリアアップを図りたい!

そんな時に使えるのが厚生労働省の助成金です。今回の講習会では社労士だから知っている厚生労働省の助成金について活用法や申請方法をわかりやすく解説します!!

【日 程】 平成30年7月20日(金)

【時 間】 午後2時30分~午後4時30分

【場 所】 屋久島町商工会宮之浦本所

【講 師】 エス労務管理事務所 社会保険労務士 児玉里美

【受講料】 無料

【申込方法】

下記より申込書をダウンロードいただきFAX、メールでお申込みいただくか、お電話にてお申込みください。

FAX 0997-42-0605

メール yakushima-s@kashoren.or.jp

TEL 0997-42-0159

申込書のダウンロードはこちら⇒7月20経営講習会参加申込書

誰でも気軽に利用できる無料翻訳システム

近隣に観光地を擁する商店街の課題は海外からの観光客に対する各個店の接客です。そんな言葉の壁をフォローしているのが、宇治商工会議所です。宇治市は平等院と宇治上神社というふたつの世界遺産があり、1年で約560万人もの観光客が押し寄せる国内きっての観光地。外国人観光客も急増中です。そこで宇治商工会議所は2015年に「多言語ツール」を開発しました。これは「多言語メニューやプライスカードが簡単に作れるツール」「接客おもてなしシート」「多言語型観光マップ」の3点からなっています。これらのツールはインターネット上で公開されており、パソコンとプリンターさえあれば誰でも無料で利用できます。ぜひご活用ください。

・宇治商工会議所 
http://www.ujicci.or.jp/
トップページ→ビジネスチャンス・PR→外国人観光客販売支援ツール

また、農林水産省が飲食事業者のためのインバウンド対応ガイドブック(平成29年版)を公開していますので、併せてご活用ください。

・飲食事業者のためのインバウンド対応ガイドブック(平成29年版)
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/eat/inbound_17.html

日本政策金融公庫担当者に直接相談できる融資相談会 「1日公庫」を下記の日程で開催いたします。

☑借入を検討しているが条件が厳しそうだから相談していない。

☑日本政策金融公庫の担当者から見て自社がどうなのか知りたい。

☑いつから借入できるのか

☑設備資金でも借入できるのか?またどれくらい借入できるのか?

☑借入の金利はどれくらい?

様々な疑問・お悩みを融資担当者が直接お答えします。

【日程】

平成29年7月13日(木)

【時間】

午前10時~午後3時

【場所】

屋久島町商工会(本所・支所)

【相談料】

無料

【申込方法】

FAXまたはお電話、メールにてお申込みください。

FAXでお申込みの場合は下記より申込書のダウンロードをお願いします。

ダウンロードはこちらから⇒融資相談会申込書

 

夏休みを前に自社のホームページやFACEBOOK等WEB活用方法を見直してみませんか?

シクミ・シカケを理解する事で新たな顧客獲得に繋がります。講師は県内各地でWEBセミナーを開催しているNAWAGETA(株)縄田氏をお招きして分かりやすく活用方法をご紹介致します。受講料無料となっておりますので、ぜひご参加ください。

受講をご希望の方は、下記添付の申込書に事業所名、受講者等をご記入いただきFAX(46-3267)または各本支所まで御連絡ください。

日時 6月21日(木)15:00~17:00

場所 屋久島町商工会 安房支所

申込書0621講習会チラシ

1 / 612345...最後 »