• 鹿児島県は,新型コロナウイルス感染症拡大につながるおそれのある施設に対し,令和2年4月25日(土曜日)から同年5月6日(水曜日)の間の休業や営業時間短縮(飲食店等に限る)のご協力をお願いいたしました。
  • 鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策休業等協力金(以下,「協力金」という。)は,本県の要請にご協力いただいた中小企業又は個人事業主の方々に対し,支給するものです。
  • 5月11日(月曜日)から申請を受け付けます。「鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策休業等協力金申請要領」(PDF:328KB)を必ずお読みいただき,申請書等を作成し,必要書類を添えて簡易書留・レターパックにて提出してください。

 

1支援の対象

 

休業や営業時間の短縮を要請されている施設を運営する中小企業又は個人事業主であって,県の要請に応じて,令和2年4月25日(土曜日)から令和2年5月6日(水曜日)までの計12日間,休業等にご協力いただいた方。

 

 

食事提供施設の事業者様へ

  •  通常の営業時間が夜8時を超えている店舗が,今回の要請に応じて営業時間の短縮(朝5時から夜8時まで,酒類提供は夜7時まで)又は休業を行っ

た場合,協力金の支給対象となります。

 

  • もともと,朝5時から夜8時までの枠内の営業である場合については「よくある質問QA」を変更しましたのでお知らせします。

無題

(1)全期間(4月25日~5月6日)を通じて終日休業していただいた場合,協力金の対象となります。

(2)お,やむを得ず4月25日(土曜日)は休業できない場合は,閉店時間を早めて,できるだけ早く休業に取り組んでいただく

ことが必要です。4月26日(日曜日)から完全に休業していただいた場合,協力金の対象になります。

 

2協力金の金額

 

(1)中小企:20万円

 

(2)個人事業主:10万円

なお,複数施設を有する事業者には,10万円上乗せ。

 

3請受付

(1)申請受付期間

和2年5月11日(月曜日)から同年6月30日(火曜日)まで(当日消印有効)

(2)相談窓口

ダイヤル0507

(3)申請方法

「鹿児島県感染症対策休業等協力金申請窓口」まで申請書類を簡易書留・レターパックにて送付