鹿児島県の宿泊者数動向は、H30年4月が、前年比0.1%増、5月が、前年比1.8%増と微増であったが、屋久島地区では、4月が前年比13.7%減、5月が17.9%減、6月が23.5%減と大幅に減少傾向となっている。また、ヤクスギランド、白谷雲水峡の入林者数も同様の傾向を示している。
特に関西からの宿泊客が減少し、海外では、中国からの観光客が減少した。