平成29年5月26日(金)午前10時より屋久島町商工会 第10回 通常総代会が屋久島町商工会安房支所で開催されました。松本会長は「鹿児島県や屋久島町とともに地方創生に向けた施策を考えていかなければと考えています。今年度は、屋久島ご神山祭り・屋久島夢祭り・サイクリング屋久島等、地域のイベントの活性化、更には屋久島町にある自然や伝統文化等を生かした町全体の活性化に向け、役職員一丸となり、会員の皆様方のご意見をいただきながら、明るく楽しい町づくりに取り組んでまいります。また、国の認定を受けた経営発達支援計画の認定機関として、会員事業所の持続的発展に寄与すべく、経営発達支援計画に沿った小規模事業者への伴走型支援を行ってまいります。具体的には、小規模事業者持続化補助金・ものづくり補助金をはじめとした様々な補助金・助成金申請に必要な事業計画書の作成支援を伴走型で行ってまいります。昨年リニューアルした屋久島町商工会ホームページを活用し、会員の皆様へ各種補助金・助成金等、講習会・セミナー等の情報発信を行っていくと同時に、会員の皆様が無料でホームページを作成できる「shift シフト」を活用し事業所のネット販売・ネット取引の支援も行って参ります。また、天文館にある「かごしま特産品市場(かご市)」での屋久島フェアや鹿児島中央駅アミュ広場で行われる「まるごと特産品フェア」を利用した販路開拓支援も引き続き行って参ります」とあいさつしました。

総代会では、平成28年度事業報告及び収支決算書・貸借対照表、平成29年度収支予算や平成29年度事業計画等が上程され、全ての議案について承認可決されました。

なお、1名欠員となっていた理事の補充選任では、松田直諒氏が選任されました。